FC2ブログ

屋根へのこだわり

何も出来ず・・・・

                   08nenn 002s
                        

                       今年は出来る限り「本」を読もう!と誓い。

     自己啓発本をネットで調べ「自分を磨く方法」アレクサンダー・ロックハート薯を求めて、

                       Kストアー2階のMY書店へ、

     すると、降りのエスカレーター降り口で頭から血を流して倒れている男性(25才くらい)。

                     右の瞼からかなりの出血

                 「だいじょうぶですか?」  肩をたたいて意識の確認をしましたが。

                              反応なし。

                           人だかりは4,5人。

                            「救急車は?」

                    若いカップルの女性が「今連絡しました」。

                       しきりに頭に手をもっていこうとする。

                最上階から突然転げ落ち頭を強打したとのこと。

                             息はしている。

                  ときたま頭を動かし床にたたきつける。

               自分は動かす手を押さえることしかできず・・・・。

               消防署は目と鼻の先   すぐに到着。

                    隊員の呼びかけにも反応なし。心配。

                      すぐさま車に運ばれ。一安心。

           そのまま書店で買い物をするが、お目当ての本がなく代わりに。158

                 するとまだ救急車が止まっている?

        中にさっきの男性が起きあがり、何やらレジ袋の中身をのぞいている。

                 意識が回復してほんとうによかった。よかった。

             でも 、なぜ?すぐに病院に搬送しないんだろう??

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト




別窓 | 自分 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<また始めようかな? | 屋根へのこだわり | ちっくらほっくら>>

この記事のコメント

私も以前、なぜ早く病院へ行かないの??と思うような経験をして、救急車の隊員さんを問い詰めた事がありますが・・・

救急車は基本的に、本人の同意がないと乗せられないそうです。(意識が無い場合は別でしょうが・・・)
隊員さんには強制的に乗せる権利が無いそうなんです。
でも、頭を打ったりした場合は必ず検査は必要ですよねぇv-219
2008-01-06 Sun 22:35 | URL | VOXY #-[ 内容変更] | top↑
へ~そうなんだ。
本人の同意がね・・・

また1つ勉強になりました。

おかげさまでまだ一度もお世話になっていないことを
感謝いたします。

ちなみに以前は同じような車にはのっていましたが・・・。
今日のブログネタにいただき! 
2008-01-07 Mon 21:02 | URL | やねふく #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 屋根へのこだわり |